メールでのお問い合わせ

未来の在宅を、私たちの手で! 医療相談員

言語聴覚士 インタビュー

松本 健太郎
キャリア:3年
出身地:大阪府

もともと幼少期から祖母と過ごす事が多く、将来は介護関係の仕事をしたいと思っており、大学卒業後、介護施設で7年間介護職をしていました。介護の現場で働くにつれ、医療業界に強く憧れを抱き、医療業界に転職。
全く知識がないままでの転職、戸惑い、驚き、学びの毎日でした。
現在では少し余裕が出てきスキルアップのため諦めかけていた『介護支援専門員』の資格の勉強と仕事で日々、奮闘中です。

No.01

私の仕事

利用者200名以上の訪問看護ステーションの相談員として勤務しています。
業務内容は病院のソーシャルワーカー・ケアマネージャーとの打合せ、利用者様との契約、営業、訪問看護師のスケジュール管理、たまにレセプト、事務作業の手伝いなどと多岐に渡り、どれもすべてやりがいのある仕事です。

No.02

仕事をするうえで
心がけていること

『聴く』
いくら話をしても、聴いてもらえずに伝わらないとコミュニケーションが成り立たないと思います。チームで仕事をしていく中で、コミュニケーションが成り立たないというのは致命的で、場合によっては事故に繋がり兼ねると思っています。
利用者様・その家族様に「安心・安全」と思ってもらうようまずは『聴く』。

No.03

入社して
よかったところ

プロ意識が強く勤勉なスタッフが多い!!
そのおかげで、私も諦めかけていた「介護支援専門員」の資格に再度チャレンジしてみようと思い、日々勉強に励んでいます。汗
そのスタッフそれぞれが専門性を高ることによって、結果として、少しでも利用者様とご家族様の安心、安全に繋がればと思っています。

私のチーム

いま訪問看護リハビリステーションで医療相談員として利用者様からの相談や働くスタッフのサポートをさせて頂いています。私たちは病気や障害があっても、医療処置があっても、自分の過ごしたい場所で自分の思うような生活がしたい・・・
そんな願いを実現できるよう、ご利用者さまにとって何が大切かを常に考え、寄り添える訪問看護師・セラピストでありたいと思っています。
私にとってチームとは「家族」です!!!
共に笑ったり、悲しんだり時には言い合いをしたりと。
そんな家族と一緒に地域医療に貢献していきたいと思います。

先輩の一日をご紹介

check!

  • AM9:00

    出社

    ・メールチェック
    ・その日の業務確認
    ・アポイントの電話

  • AM11:00

    ケアマネージャーとの打合せ

  • PM12:30

    昼食(お昼寝)

  • PM15:00

    利用者様宅訪問(契約)

  • PM17:00

    帰社

    事務処理・明日の予定の確認

  • PM18:30

    医療介護連携カンファレンス参加

  • PM19:30

    帰宅
    ビール

  • PM23:30

    就寝

私のプライベート

・サッカー
・焼き肉 この世で一番うまい食べ物
・そして焼き肉^-^

自宅に帰って、
ご褒美のビール!!!